食事でメタボ解消

食事で体重を減らしてメタボ解消

生活習慣病の原因の一つと言われるメタボリックシンドロームは、体重が多すぎるとなるといいます。メタボリックシンドロームをそのままにしておくと、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が上がります。後手に回らないようにメタボリックシンドロームを防ぐことがポイントになりますが、そのためにすべきことは何でしょう。体重を減らすとともにメタボリックシンドロームを改善するためにいちばん効果的なのは生活習慣の改善です。食事を改善することは、体重の調節と密接に関わっています。食事は毎日の生活の中での自分の体を維持するための大切なエネルギー補給源になるものです。生活習慣の問題や、栄養の偏りがある食事、運動不足など、毎日の繰り返しの中にあるいくつかの要素がメタボリックシンドロームに関わっています。メタボリックシンドロームの人は、一度自分の生活習慣を客観視するといいでしょう。1日の睡眠時間や、摂取カロリー量が把握できなくなっている人も少なくありません。何を見直せばいいかを知るために、自分の食事内容をふりかえってみましょう。毎回の食事で何をどのくらいの量を食べたのか記録するのも良い方法です。体重が増えすぎてメタボリックシンドロームになっている人は、時間を区切らずにだらだら食事をしていたり、外食の頻度が多かったりします。食事の内容と摂り方を見直して体重を減らし、メタボリックシンドロームを改善しましょう。